8 地籍図と土地所在図の違いはなんでしょうか
根本聡土地家屋調査士事務所

Q5 地籍図と土地所在図の違いはなんでしょうか?

A5
 地籍図とは、土地における地籍の明確化を図る目的で、土地について、所在、地番、地目および境界の調査と、登記簿に記載された所有者に関する確認、並びに境界の測量および地籍に関する測定を行い、その調査の結果に基づいて作成された地図です。(国土調査法2条5項)
 土地所在図とは、不動産登記法では、土地の表題登記の登記を申請する際に、地積の測量図と共に作成のうえ提出される図面です。例えば、里道や水路のように登記簿が無い土地(国有財産)を国より払い下げを受けて、所有権の登記をする前の表示登記の際に必要となります。又、土地の分筆登記の際にも必要になる場合があります。 

[次へ] [戻る]